切手買取価格一覧、皇室記念切手はいくらで売れる?

皇室記念切手6枚組

家にあった皇室記念切手。結構年代物で、高く売れそうな感じがしますよね。そんな現在の皇室記念切手の買取価格を一覧にして紹介します。

皇室記念切手画像 買取金額(概算)
皇室記念切手6枚組 使用済みの場合は1枚当たり10円が買取価格。
未使用の場合は、200円~500円が買取相場となっています。
皇室切手明仁様と美智子様 「明仁様と美智子様」の皇室切手。
200円~1000円が買取相場となっています。

皇室切手の買取価格について

皇室切手は、実はそこまで高い価値があるものではありません。趣味で切手を集めている人にとっては、「持っていなければ買いたい」ものですが、かといって、多くの人が欲しいわけではないため、値段が付かない場合もあるのが現状です。

もし持っている場合は、売らずに大切に保管しておくことをおすすめします。また、今後ブームがあれば、そこでさらに価値が高まるかもしれません。

切手買取で皇室記念切手に値段がつかない理由

実は1970年以降の、郵便局で販売された切手にはそこまで価値がありません。よくて「額面通り」、悪いと「額面割れ」という査定額になります。

1960年前であれば、1万円以上で売れるものもありますが、1970年以降のものだとどうしても値段はつきません。

例えば天皇在位シリーズでは、1976年の昭和天皇50年記念切手、1986年の60年記念切手、1999年の10年記念切手、がありますが、どのシリーズも額面通りの価値となります。

例えば天皇皇后両陛下御訪米記念切手は1975年のものですが、こちらも、値段相応の価値しか残念ながらありません。

もしかしたら高額での買取もあるかもしれない皇室切手

東京オリンピックが近づいてきて、近年、切手をはじめとしたコレクターズアイテムが海外で高く売れるようになってきています。この流れにうまく乗ると、それだけ高く売れることもあります。

また、せっかく売るなら、たとえ額面割れをしていても、それなりに高く買い取ってくれるところがいいでしょう。例えば海外にも販路を持つ「ウルトラバイヤープラス」や「スピード買取.jp」が額面に対して比較的高い査定額になります。

皇室切手は買取だけじゃなくて使ってあげることも検討しよう

皇室切手は使うと喜ばれる切手でもあります。もし海外の友人に何かはがきをおくるのであれば、そのタイミングで使うという事も十分にありです。

価値があるわけではなく、「額面通りの価値」しかないため、希少ではありますが、喜ばれるために使ってみてはいかがでしょうか?

P.S.皇室記念切手は現品を入手次第、画像をアップしたいと思います。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る